30代前半男性向けマッチングアプリの教科書

Life is a game, play it.

デート

30代前半の男がマッチングアプリのデートで割り勘しても大丈夫?

 

「30代前半の男が、マッチングアプリのデートって割り勘でも大丈夫かな?」

 

たしかに、デート代をどうするかについては、悩ましいところですよね。

実際、僕も割り勘にすべきか迷いました。

 

結論から言うと、「30代前半の男であれば割り勘にしない方が良い」と僕は考えています。

 

この記事では

  • 30代前半の男は割り勘にしない方が良い理由
  • マッチングアプリ のデートを割り勘にしないメリット
  • 割り勘したくない女性の性格は悪くないという話
  • どうしてもデート代の支出を減らしたい場合の対策

の4点についてまとめてみました。

 

この記事を書いている僕は、30代になってからマッチングアプリを始め、無事に看護師のパートナーを見つけることができました。(もう2年くらい付き合っている)

 

なので、少しは参考になるんじゃないかなと思います。

では本題へ。

 

 

30代前半の男はマッチングアプリのデートで割り勘しない方が良いです

 

なぜ割り勘にしない方が良いかというと、奢るメリットの方が大きいからです。

 

割り勘にしない方がメリットが大きい

僕の経験上、マッチングアプリのデートは、割り勘にしないメリットの方が大きいです。

割り勘にしないメリットは、2つあると個人的には思っています。

 

メリット1:プラス評価になりやすい

これは僕がマッチングアプリで出会った女性が言っていたことなのですが、意外とデート代を奢ってくれる人はいないそうです。

 

「じゃあ、自分も奢らなくていいか」と思った、そこのあなた!

僕が言いたいのはそういうことじゃありません。

 

みんなが奢っていないからこそ、奢ることに価値がある

と僕は言いたいのです。

 

ダイヤモンドの値段が高いのは、希少性が高いからですよね?

それと同じで、奢る男が少ないからこそ、奢る男の価値も上がるというわけです。

 

大半の女性は

  • ちょっと多めに払ってほしい
  • できれば奢ってほしい

と思っているものです。

 

相手の女性が「割り勘でいいよ」と言ってくれたとしても、せめて「じゃあ、ちょっと多めに払うよ」と言うべきでしょう。

 

相手の言葉を真に受けて割り勘にしても、あなたの評価は絶対に上がりません。

 

メリット2:次のデートにつながりやすい

2つ目のメリットが、次のデートにつながりやすいということ。

 

以下のやりとりを見てください。

これは僕がマッチングアプリで実際に会った女性とのやりとりです。

 

 

マッチングアプリのデートは割り勘はダメ

 

相手の女性から間接的なデートのお誘いをもらうことに成功しています。

このように、奢るだけで次につなが流のです。(ちなみにこの人との2回目のデートは映画に行った)

 

心理学には「返報性の原理」というものがあります。

簡単に言ってしまうと、「誰かに何かしてもらったら、相手にお返ししたいという感情を抱く」という原理です。

 

要するに、奢ることによって、相手の返報性の原理を働かせることができるというわけですね。

 

このように返報性の原理の観点からも、デート代を奢るメリットはかなり大きいと言えます。

 

そもそも割り勘大歓迎の女性は少ない件

マッチングアプリに限らず、そもそも割り勘大歓迎の女性って少ないんですよね。

なので、絶対に割り勘にしてくれる女性じゃなきゃ嫌だというスタンスだと、パートナーを見つけるハードルが一気に上がります

 

なので、割り勘をしようとは思わない方が良いです。

30代前半の男なら、少なくとも「ちょっと多めに払う」というスタンスでいるべきでしょう。

 

デート代「お相手と相談して決める」はできれば払ってほしいという意味

デート代の項目を「お相手と相談して決める」に設定している女性が多くないですか?

 

これは本当に「相談して決めたい」と思っているのではなく、「割り勘は嫌です」を遠回しに表現しているだけです。

 

なぜこう言い切れるかというと、本当に割り勘にしたいと思っているなら「割り勘」を選択するから。

 

できれば相手に払ってほしい。

けど、マッチングアプリの「相手が多めに払う」または「相手が全て払う」は選択したくない。

 

その結果、無難な「お相手と相談する」を選択しているというわけです。

 

「相手と相談する」を選択してる人とデートして割り勘になるか調査した結果

実はマッチングアプリで婚活していた時、実際のところ「相手と相談する」を選択してる人に「僕が払いますよ」って言ったらどうなるか調査してたことがありました。

 

調査対象は10人ですが、10人中8人はこんな感じ。

 

あっ、僕が払いますよ

 

いやいや、私もちょっと払いますよー

 

あっ、大丈夫ですよ

 

・・・・え、いいんですか〜(*^▽^*)

ありがとうございます!

 

で、残りの2人はこんな感じです。

 

あっ、僕が払いますよ

 

いやいや、それは申し訳ないので。。

 

あっ、大丈夫ですよ

 

いやいや、本当に申し訳ないので。。

じゃあ、ちょっと払います!

 

この事実からも、「お相手と相談する」を選択している女性は、最低でも男性が多めに払う、できれば払ってほしいと考えているのが分かります。

 

 

マッチングアプリのデートは割り勘したくない女性は性格が悪いのか

 

もしかしたら

「割り勘にしたくないとか、なんて性格が悪い女なんだ!」

と思った人もいるでしょう。

 

しかし、僕はそうは思いません。

 

割り勘にしなくない女性は性格が悪いわけじゃない

なぜ「割り勘にしたくない女性は性格が悪いわけじゃない」と言い切れるのかというと、そもそも女性は男性にある程度の経済力を求める生き物だからです。

 

女性は男性の経済力を重視するのが当たり前

男性は、女性の見た目は重視しますが、経済力はそこまで重視しないことが多いですよね。

しかし女性は、見た目はそこまで重視しないですが、経済力を重視する傾向にあります。

 

なぜ男女でこのような違いがあるかというと、女性は"子どもを生む"という役割がある性質上、子どもを一緒に育てられるかという視点で男を判断するからです。

 

なので、できれば奢ってほしいなと思うのは、女性の本能的なもので仕方ないんですよね。

 

男性は見た目で判断するが、女性は経済力で判断する。

これはお互い様と思って受け入れるしかありません。

 

会計時に財布すら出そうとしない女は性格が悪いと思う

ただし、お会計の時に財布すら出そうとしない女は、性格が悪い可能性が高いかなと。

 

払う気がなかったとしても、普通の感覚なら「お財布をだす動作」くらいは普通しますよね。

初対面なのに財布すら出そうとしてないのは、正直、奢る気満々の僕でもちょっと引きます。

 

財布を出す素振りすら見せない女性は地雷である可能性がかなり高いので、デート自体が楽しかったなら奢っても良いと思いますが、つまらなかったなら「遠慮せず割り勘で!」と言っても良い気がします。(あくまでも個人の意見です)

 

 

マッチングアプリ のデートをどうしても割り勘したい人はどうすべきか

 

「30代前半の男は、デート代を割り勘にしない方が良い」

とここまで書いてきました。

 

しかし、「全額奢るのはちょっと抵抗がある・・・」という人もいるでしょう。

そこで、そういった人向けにデート代の支出を減らす現実的な方法について最後に書いておきます。

 

方法1:デート代「割り勘」の女性を選ぶ

1つ目の方法が「割り勘」を選択している女性を選ぶという方法。

マッチングアプリのプロフィールをチェックして、割り勘を選択している女性を選びましょう。

 

ただし、先ほども書いたように、割り勘OKの女性は少ないです。

そのため、この方法を使う場合は、複数のマッチングアプリを利用してアタックできる女性の母数を増やすことが必須です。

 

30代前半の男にオススメのマッチングアプリについては以下の記事に詳しくまとめました。

興味があれば、あわせてチェックしてみてください。

 

 

2:コスパの良いカフェでデートをする

先ほども書いた通り、「相手と相談するを選択している女性」は、「奢ってもらいたい」または「できれば多く払ってもらいたい」と思っています。

 

なので、「相手と相談するを選択している女性」とデートする場合は、コスパの良いカフェデートをしましょう。

カフェなら2人で3000円程度ですむので、経済的な負担も少ないです。

 

相手の女性は

 

奢ってくれるなんて気前がいい!

 

と思ってくれますし、あなたは

 

経済的負担が少なくて助かる!

 

まさに Win-Winです。

 

マッチングアプリで使うカフェは星乃珈琲店がオススメ

ちなみに、個人的にオススメなのは星乃珈琲店です。

ここは雰囲気がかなり良く、長居をしやすいです。

 

オシャレなオブジェがあったり、

 

星乃珈琲店の内装

 

座りやすい椅子もあります。

 

星乃珈琲店の椅子

 

コーヒーももちろん美味しいです。

僕はコーヒーがあまり好きでないのですが、ここのコーヒーは美味しいなと思いました。

 

星乃珈琲店のコーヒー

 

チェーン店などで至るところにありますし、スタバより高級感があってオススメです。

より詳しくは以下の記事をどうぞ。

 

 

少しだけ払ってもらう女子割を打診するのもアリ

カフェデートじゃなくて、もうちょっと価格帯が高めのお店でデートをしたい場合は「少しだけ払ってもらう」のもアリです。

いわゆる女子割ですね。

 

「相手と相談」を女性側が選択しているのであれば、「女子割」を打診しても不自然ではありません。

お会計の時に、たいていの場合、相手の女性はお財布を出してくれます。

 

その時に、

 

じゃあ、ちょっとだけちょうだい

 

と伝えましょう。

目安としては、お会計の3分の1程度が良いと思います。

 

 

まとめ

以上、「30代前半の男はマッチングアプリのデートで割り勘にしても良いか」でした。

 

基本的には、30代前半だったら奢った方が良いと思います。

僕の経験上、奢った方がメリットは大きいです。

 

お金を失うのは痛いかもしれません。

しかし、奢ることがプラス評価につながって、良いパートナーが見つかるなら、決してい高い投資ではないでしょう。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

30代前半の男性にオススメのマッチングアプリ

Omiai

Omiai

当サイトの運営者イチオシのマッチングアプリ 。運営者はOmiaiでナースの彼女を作ることに成功しました。個人的な感想ではありますが、一番いいね!をもらいやすかったのが、このOmiaiというマッチングアプリ です。

Pairs(ペアーズ)

pairs2

Pairs(ペアーズ)はもっとも有名なマッチングアプリの1つ。利用者が多いので、30代前半の男性でもかなりマッチングしやすいです。シンプルで直感的に使いやすいので、マッチングアプリ初心者にもオススメ。

 

with

メンタリストDaiGo監修のマッチングアプリ。自分の好きなこと・趣味を設定しておくと、共通点の多い女性を紹介してくれます。共通点の多いパートナーに会いたい男性におすすめです。

-デート

Copyright© Life is a game, play it. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.